アリメ訃報|F1ドライバー ジュール・ビアンキさん

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Arime Fuhou
写真: Wikipedia

自動車レース最高峰のF1レーサーであるジュール・ビアンキさんが2015年7月17日に、フランスのニース大学付属病院にてご逝去されました。

ジュール・ビアンキさんは、2014年10月5日の三重県鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GP決勝レースに参戦していましたが、台風の影響によるコンディションが悪化したコースを走行中の44周目ダンロップコーナーを旋回中にコントロールを失いコースアウト。

この時、同じ場所で先にコースアウトしクラッシュしていたエイドリアン・スーティルのマシンを撤去していた作業車(クレーン車)に後方から激しく追突し意識を失い、救急車で四日市市の三重県立総合医療センターへ搬送され、緊急手術が行われた。手術は成功し暫くしてから自発呼吸の回復とバイタルサインの安定が認められた事もありフランスの病院に転院したが病状が悪化し戻らぬ人となってしまいました。
ジュール・ビアンキさんのご冥福をお祈り申し上げると共に、数々の栄光を称え、ご遺族に対し心よりお悔やみ申し上げます。

 

■F1ドライバー ジュール・ビアンキさん
氏名:   Jules Lucien André Bianchi|ジュール・ビアンキ
生年月日: 1989年8月3日
出身地:  フランス
死没:   2015年7月17日(享年25歳)
職業:   チームマルシャ所属のF1ドライバー
Wikipedia: Wikipedia

 

ありがとうメッセージサービス(エンディングメッセージサービス)のオフィシャルサイトはこちらです♪♪♪

 

★★★ ポチっとご協力お願いします ★★★

Arime Footer Image

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Leave a Reply