ニュージーランドの高校生が余命宣告を受け同級生に伝えたかったこと

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Arime
 
アリメ,Arime,10代,若年層,高校生,終活サービス,病死,癌,余命,宣告,親友,友人,同級生,ニュージーランド
 

2015年11月4日にニュージーランドの高校生ジェイク・ベイリーさん ( 18歳 ) が、3年生を対象とした授賞式で同級生に向けたスピーチを行いました。

ジェイクさんは授賞式の一週間前に進行性ガンの一種である「バーキットリンパ腫」と診断され、早急な治療を受けなければ余命は数週間であり、授賞式でのスピーチは無理と医師から言われていましたが、授賞式を欠席することはできないとクラスメートや友人とスピーチの準備を進め、壇上に立ちました。

そして、ジェイクさんが同級生に伝えたかったことは、

「生きている限り人生 ( 運命 ) から逃げ出すことはできない。だからこそ、与えられた命、機会に感謝し大切にして勇敢に生きて欲しい。」

というものでした。

スピーチの終了後は、スタンディングオベーションに包まれ大きな拍手が起こりました。

自らの命が残り数週間という短い期間にも関わらず、自分が「死」と向き合うことになった瞬間に心に芽生えた「命の尊さ」に対する思いを同級生に伝えたいと考え、自分の命よりも優先したスピーチでした。

死と直面することにより鮮明になる「命の尊さ」を私も感じ、その時に同じ勇気を持って伝えることができるか自信はありませんが、ジェイクさんの勇敢なスピーチを心に刻み込もうと思います。

既に治療は進められていると思いますが、ガンに負けず長生きして欲しいと切に願います。

■スピーチの内容はコチラ
※和訳はありませんがご了承ください。

 
 

突然の、その時のために、大切な方々へのメッセージをアリメに託してみてはいかがですか…!?

 
 

■ アリメオフィシャルサイト
http://arime.info/

■ Twitterアリメオフィシャルサイト
https://twitter.com/ArimeAd

■ Facebookアリメオフィシャルサイト
https://www.facebook.com/arime.info

 
 
 

無料ユーザー登録は、こちらより行っていただけます。

Arime

 

★★★ ポチっとご協力お願いします ★★★

 

Arime Footer Image

 
 
 
 
 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Comments are closed.