リビングウィル(尊厳死宣言書)が作り出す効果

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

アリメ,終活サービス,リビングウィル,尊厳死宣言書,救急,入院,不慮の事故,意識,会話,飲食,できない,家族,緩和治療,延命治療,お一人さま,病院,医師,現行法,安楽死
 

終活サービスのアリメでは、リビングウィル(尊厳死宣言書)を書き記すことができる機能があります。

リビングウィルという言葉も、終活という言葉がメディアで流れ始めてから注目され始めたキーワードです。

「リビングウィルって何!?」という方も多いと思いますが、簡単に言えば「自分で自分の意思が伝えられない状態になった時に自分の意思を伝えるための手紙」といった感じでしょうか…

年齢に関係なく、昨日まで何不自由なく元気に生活されていたとしても明日は突然、自分の意思が伝えられない状態になる可能性はゼロではありませんね。

ご家族や頼れる友人が近くにいらっしゃる方は、あなたの事を良く理解されているので「たぶん、こんな風に思ってる…」など予想することは可能ですが、時に辛い思い、判断をご家族や有人にさせてしまうこともある訳です。

そして、お一人さまの場合は誰もあなたの意思を予測し代弁してくれる人がいなければ、日本の現行法にのっとり担ぎ込まれた病院の医師はひたすら延命治療を施すことしかできません。

リビングウィルを残しても、安楽死が認められる訳ではありませんので絶対に勘違いをなさらないようにお願いしたいのですが、リビングウィルを公正証書化することにより、「正式な本人の意思であることの確認」が法的に行われ、多少は検討の余地を残せるところまでが現在の日本社会における限界値となっています。

意識が無くなった以降の治療方針については、人ぞれぞれなのでひとつの物差しで測ることはできませんので、ご自分がして欲しい治療方針を元気なうちに書き記すことにより、大切な方々に辛い判断を迫る場面でも多少は心の痛みを和らげることができると思います。

そして、私の個人的な意見として読んでいただきたいのですが、万が一私自身がこのような状態に陥った場合は、自分よりも回復見込みのある方に早めにベッドを譲り、輝く未来への可能性を託してみたいと考えます。

私自身が譲ることにより、私にかかる行政が負担すべき医療費の低減がはかられるので、未来を担う次の世代にとって有益なことにその費用を使って欲しいと思います。
繰り返しますが、これは、私個人の見解です。

こんな風に、リビングウィル(尊厳死宣言書)には、沢山の効果が隠れています。

最近の大手の病院では入院する際にリビングウィルの作成を進められるところも増えてきていますので、詳しくお話を聞いてみることをお勧め致します。

 
 

■ アリメオフィシャルサイト
http://arime.info/

■ Twitterアリメオフィシャルサイト
https://twitter.com/ArimeAd

■ Facebookアリメオフィシャルサイト
https://www.facebook.com/arime.info

 
 
 

無料ユーザー登録は、こちらより行っていただけます。

 
 
 

アリメオフィシャルサイトは↓↓↓をクリック

Arime

 

★★★ ポチっとご協力お願いします ★★★

 

Arime Footer Image

 
 
 
 
 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Comments are closed.