高齢者が運転する自動車事故の増加をどこまで減らせるか

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

アリメ,Arime,交通事故,高齢者,IT,自動車,自動運転,AI,TOYOTA,HONDA,NISSAN,試験,見守り,終活サービス
 
高齢者が運転する自動車による交通事故のニュースも随分と増えてきました。

昨日も、歩道を一般道と勘違いし歩行者を死傷させてしまう痛ましい交通事故があったばかりですが、TOYOTA自動車も自動運転自動車開発に本腰を入れたようで、米国にAI研究開発の会社を立ち上げ、「高齢者が運転しなくても目的地に安全に辿り着けるような完全自動化技術を早期に確立する」との発表がありました。

これで、日本国内の3大自動車メーカーが本格的に自動運転技術の確立に向け動き出し2020年の稼働を目指していきます。

海外と異なり、日本国内での自動運転化技術の確立には高いハードルがいくつもあると思われますが、狭い国土に乱立する建物や構造物、そのに住まう人間や生物を正確に把握し回避することができれば、広い国土の海外でも十分に機能を有効に使えることと思います。

世界有数の自動車メーカーが最高の自動運転技術を確立できれば、今後の高齢化社会でのシェア獲得も確実視されるのではないでしょうか…。

高齢者を見守るコミュニケーションロボットに一言「迎えの自動車を呼んで」って囁けば、数分後には玄関先に自動運転の自動車が迎えに来る時代は直ぐそこです。

 
 

■ アリメオフィシャルサイト
http://arime.info/

■ Twitterアリメオフィシャルサイト
https://twitter.com/ArimeAd

■ Facebookアリメオフィシャルサイト
https://www.facebook.com/arime.info

 
 
 

無料ユーザー登録は、こちらよりより行っていただけます。

 
 
 

アリメオフィシャルサイトは↓↓↓をクリック

Arime

 

★★★ ポチっとご協力お願いします ★★★

 

Arime Footer Image

 
 
 
 
 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Comments are closed.