お一人さま高齢者が意識不明のまま入院したら

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Arime
 
Arime お一人さま 高齢者 孤独死 リビングウィル 尊厳死宣言書

近い将来をちょっと垣間見てみたいと思いますが、現在の日本国内における国の医療費負担額は増加する一方ということで、あらゆる方面から検討や検証が重ねられていますが、身よりのいらっしゃる方が重度の病を患い、意識不明な状態になっても最終的な治療方針などの意思決定を家族が行ってくれますが、「お一人さま」の場合は誰もあなたの意思を代弁できる人がいない状態になりますね。。

と、いうことは…

重度の病を患い、意識なく植物人間状態になってしまった場面を想像してみましょう。

身よりのある方は先ほども書いたように、その後の治療方針などを家族内で相談し「延命治療」なのか「緩和治療」なのかを決めることができ、あなたもしくは家族にとって適切な治療を選択することができます。

しかしながら、お一人さまであった場合は事前にリビングウィル(尊厳死宣言書)などが用意されていなければご自分の意思を伝える術がない訳で、医師が判断する治療は必然的に「延命治療」しか選択できないのが現在の日本の法律です。
延命治療なので、色々な計測機器に繋がれ、その生命が尽きるまで投薬が行われます。これが「延命治療」なんです。。

ご自身が重度の病を患った場合、ほとんどの方は「緩和治療」を希望されると思います。
緩和治療であれば、回復の見込みのない病を原因とする苦痛や度重なる投薬による副作用などで苦しむこともなく、ひたすら痛みを和らげてくれる訳ですが、当然ながら病はどんどん進行し近いうちにその生命を終えることになります。

緩和治療よりもっと望まれるであろう「安楽死」は、現在の日本の法律では無理ですね。

お一人さまで老後を過ごされる意思を持たれている若い方も含め、リビングウィル(尊厳死宣言書)は健康なうちに用意しておかないと悲惨なことになるかもしれません。。

「終活サービス」は高齢者だけのもの思っていませんか!?

突然の交通事故で意思が伝えられなくなることもあります。
今からでもご自分の万が一に備え、アリメで作成しては如何ですか!?

 
 

■ アリメオフィシャルサイト
http://arime.info/

■ Twitterアリメオフィシャルサイト
https://twitter.com/ArimeAd

■ Facebookアリメオフィシャルサイト
https://www.facebook.com/arime.info

 
 
 

無料ユーザー登録は、こちらより行っていただけます。

 
 
 

アリメオフィシャルサイトは↓↓↓をクリック

Arime

 

★★★ ポチっとご協力お願いします ★★★

 

Arime Footer Image

 
 
 
 
 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket

Comments are closed.